植毛で見た目が10歳若返りました

薄毛を諦めていたが自毛植毛に期待が

薄毛を諦めていたが自毛植毛に期待が | 医師より説明を受けていざ自毛植毛へ | 徐々に効果を実感しナチュラルな仕上がりで幸せ

物心がついた頃、自分は既に将来の薄毛を心配し始めていました。
理由は父が20代で既に頭が薄く、自分の抜け毛や毛質の変化が気になったのが切っ掛けです。
最初はシャンプーやマッサージ、生活習慣などで改善に取り組みましたが、抜け毛は減るどころか増える一方でした。
僅かな力で抜けるだけでなく、何もしなくても抜けていく様子は自分でも衝撃的でした。
これはもう薄毛確定で避けられない、そう思い始めて諦めの境地に片足を踏み入れていました。
転機が訪れたのは自毛植毛の登場で、拒絶反応の心配がない点が魅力に感じたポイントです。
内服薬は継続的なコストが掛かりますし、何より効かなくなったり副作用の心配があります。

一方、外用薬は選択肢が豊富ですが、やはり本格的な薬となると高額で、輸入するとなればリスクがつきまといます。
かつらも悪くないと考え始めていた時期なので、自毛植毛に出合った時はまるで救世主のように思いました。
ただ、周りには経験者がおらず不安だったので、少し様子見することになります。
正直なところ、早く植毛を受けてみたい気持ちが強く、期待感が得られるなら失敗しても良いとさえ思っていました。
ここは我慢の時だと自分に言い聞かせ、資金を確保するのに必要な時間と考えるようにしています。
自毛植毛資金の貯金を始めてしばらく時間が経った後、ネットのポジティブな体験談が増えたのを切っ掛けに、ついに治療を受けることに決めました。