植毛で見た目が10歳若返りました

植毛して分かった自毛の喜び

1年前に、植毛を受けました。最も高額で効果があるとされる、自毛を使った植毛です。手術当日、後頭部から頭頂部の方に移植をし、その後暫くガーゼを被った生活をしていました。正直内出血が酷く痛みも強かったため、素直に増毛で良かったんじゃないかと考えたときもあります。 しかし1ヶ月もすると頭皮の傷はなくなり、黒いぷつぷつとした点が見えるようになりました。いよいよ生え始めた瞬間です。そこから一部の髪の毛は自然脱毛をしましたが、3ヶ月、半年と過ぎていくごとに見る見る頭頂部が埋まっていったのです。 ある程度生えて手でかき上げられるようになると、自毛の感触がしっかりと伝わり泣きそうになりました。ああちゃんと自分の髪の毛だと、これが人口物だと大分変わったんじゃないだろうかと想像しました。 そして現在では、もうすっかり植毛した過去さえ忘れるくらい、キレイに生え揃っています。皮膚を切るわけですから、恐怖心がないわけがありません。それでも勇気を出せたのは、薄毛でいる痛みの方がよっぽど強かったからです。 もし今植毛を受けようか迷っている人がいれば、是非自分のものを使って移植してください。喜びが段違いですし、今後も一定のサイクルで生えてくる安心感にはいくら支払ってもいいと思います。

薄毛を諦めていたが自毛植毛に期待が | 医師より説明を受けていざ自毛植毛へ | 徐々に効果を実感しナチュラルな仕上がりで幸せ  | 植毛で気を付ける事  | 植毛して分かった自毛の喜び